北京

编辑:春日
发布时间:2020-12-04 14:37:06

封号:内心温柔的贤女

昵称: 北京

来源: 开服角色 

成长倾向:物攻、命中

初次登场@自我介绍——

是隶属冰雪与钢铁之国中央军的研究者,北京。

擅长的是技术研究,也有参与过兵器开发的经验,这些一定能在特攻队中发挥出作用吧。

通常一个人在进行研究,有必要的话可以叫我。


小技能——

技能名

消耗

威力

属性

范围

效果

地盤打

SP3~2

D

单体

縛り打ち

SP8~6

B

单体

敌人速度减少【小】

タフネスウィップ

SP14~11

SS

单体

敌人物防减少【大】

大招——

技能名

威力

属性

范围

效果

超越科学光束

A

单体

物理防御减少【特大】

被动——

效果1:满血状态,造成的伤害提升【大】

效果2:造成伤害时,小概率敌人速度减少【中】

效果3:常驻伤害提升【中】

属性耐性——

20%

40%

-40%

0%

0%

0%

0%

0%


评价——

虽说定位应该是破甲角色,但是其破甲技能消耗太高,循环差,被动也不契合

更多的用法是手动攒满五级大招,进入关底后全队一起丢大

对于高难副本的高防血厚型BOSS会有一定作用,但通常情况难以上场。


语音记录——

主界面一:

テンシンは私の事情で連れてきてしまったようなものだから、気がかりなんだ。

もちろん最後は本人の意志で決めているんだが、特鉄隊に入ると言い出したのは私の方だからね。

まあ、楽しく過ごせているなら、それでいいんだ。

主界面二:

ゼロから何かを作るというのは得意だし好きだが、既にある何かを分析することも嫌いじゃない。

特に、どうしてそれが機能しているのかを分析して、自分でも作ってみたいという……

これはもはや本能なんだろうね。

だから今の私にとって、列車は最大の研究対象なんだ。

主界面三:

人づきあいが嫌いなわけじゃないんだ。

ただ、意味もなく大勢で群れているのが嫌いなんだよ。あれに何か意味があると思うか?

自分のペースを乱されるだけじゃないか。だから、強要されることなく個人単位でつきあうのは問題ないんだ。

嫌いじゃないだけで得意ではないけどね。

亲密度等级二:

集中しているときは、話しかけても反応しない場合があるかもしれない。

とりあえず急ぎでなければメモでも残しておいてくれるかな。

亲密度等级四:

私の技術は、私が思うように使うのが信条だ。

誰かに言われて無理やり何かを作らされるのは性に合わない。

作らせたいなら、私に作りたいと思わせてくれ。

亲密度等级五:

私のような頭脳労働が中心の人間はね、定期的に頭をリラックスさせなくてはいけないんだよ。

ほら、運動のあとにクールダウンのストレッチをするだろう? あれと同じだよ。

亲密度等级八:

私は学生生活というものをほぼ送っていないからね。

飛び級で卒業してしまって、すぐにアイゼングラート軍に入ったし……。

今になってこうして学園と呼ばれる場所に触れることになるとは、なんとも不思議なものだね。

亲密度等级十:

ミストトレインは私にとって特別なんだ。ずっと憧れてきたものだからね。

だからキミが私にとって特別なのも、それを動かせるからだと思っていた。

うん、思っていたんだけどね。どうやらそれだけじゃないみたいだ。

特殊节日:

 

最近更新